QLOOKアクセス解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。コメントや、ここおかしい!というご指摘も何でも大歓迎です。 

気持ちを切らさない。

プラン

こんばんは、ブルーです^^


う〜ん。
今週はちょっと将棋勉強出来なかったです><
寄せの手筋を2,3章、3手詰めハンドを40問ほど位・・。

先々週?にもあったのですけど、PCトラブルに本格的に悩まされてました><

でも、
人生初の初期化、OSの再インストールを経験出来たりもしたので良かったかも
真っさらにした時は大掃除したみたいにすっきりした気持ちになりますしw
とりあえず、買った時にもらえるCDとプロダクトキーはちゃんと分かる所に保管しておこう〜!

------------------------------------------------------------------------

ちょっと脱線しちゃいました^^;
さて。。来週からはグッと大変になるかなと思うので、
リアルの優先度をかなり上げていこうと思います。

棋力維持を最優先にするなら5手詰めハンドブックなのかもですけど、
何度も解いてるので「解きたい!」という気持ちが薄くなってきてて。
どうしよう・・。
3手詰めハンドか7手詰みハンドか寄せの手筋か美濃崩しか。

「一番負担の少なくて気持よく続ける事ができる」+「方針の、美濃崩しと寄せの手筋を優先的に終わらせる」
という基準から考えると・・ 3手詰みハンド4問+美濃崩し1問

これを最低限のハードルにします。
来週の目標はひとまず、気持ちを切らさないこと
3手詰みハンドを行うことで、今までやってきた事の反復をしている感を出しつつ、美濃崩しを行うことで、若干でも前に進めている感を感じられる・・はずw

忙しい時に勉強が進まない理由は、時間がない事以上に、気持ちの面で「今日は解きたくない」と思っちゃう事が大きいかなと思っていて、
「解きたい」と思える内容・組み合わせを少しずつ試しながら見つけていこう〜。

今月の振り返り〜

振り返り

こんばんは〜、ブルーです^^

今月ももうすぐ31日。
あっという間に1月が終わってしまう・・。

ということで!今月の振り返りをします〜

<前回(12/31)以降に行ったこと>

  • 5手詰みハンドⅠ・Ⅱ 1095問
  • 3手詰みハンドⅠ 100問
  • 寄せの手筋200 応用問題をぐるぐる+基礎問題のミス問
  • 美濃崩し200 5手以内の問題をぐるぐる+7手以上を30問
  • 7手ハンドブックⅠ 8問
  • 精選必至200 30問

 

進み具合としてはややペースダウン。
でも、正直、今年はこれくらいが出来る精一杯かも^^;
無理せずに続ける事を意識し続けよう〜と


細かい所としては、
詰み将棋を5手のを半分減らして3手にシフトしたのは正解だったかも。
さくさく解けるのでモチベーションがグンと上がったのと、
空いた時間で囲い崩しと寄せを強化できたので。


あと、復習方式もかなり良い感じ!
これは初見の問題に対して絶大な効果がありそう。
同じ問題を何度もした後の場合はちょっと手間かもです。

 

新年に掲げた方針「終盤力だけは初段を目指す」を順調に実行しつつある感じ。
目指している目標の

 

  • 標準的5手詰めはひと目、簡単な7手詰めも解ける
  • 良くある囲いに対して2つか3つ、崩し方をひと目で見つけられる
  • 対穴熊の崩し方は状況が様々でもひと目。美濃の急所の防ぎ方を知っている
  • 標準的な1手必至はひと目、優しい3手必至も解ける
  • 詰む、詰まない、寄る、寄らないの判断やその速度計算がある程度出来る
  • 上の5つを状況に合わせて、あまり間違わずに臨機応変に扱える

 


 のうち、赤字の部分をまずは達成できるように頑張ってみます。


具体的には今行っているのを持続させて、

  • 寄せの手筋の応用+基本問題をマスター
  • 美濃崩しの7手以上の問題をマスター

この二つを最優先に完了させれば、囲い崩しと寄せの基礎知識は一通り揃うはず!
後は反復&何らかの方法で、実践で使える形にすれば、
私が思う初段レベルの囲い崩しと寄せの力は身についてる・・はずw

ということで、来月の方針としては、

  • 詰み将棋は現状キープ
  • 囲い崩しと寄せの完成を目指す

です!
がんばってみよ〜

 

 ブログランキングに参加しています。もし良かったら応援おねがいします^^

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

飽きた時には超手数も。

将棋学習

こんばんは〜、ブルーです^^

将棋勉強百二十一日目〜百二十五日目です。この間の分はこちら。
5手詰みハンドブックⅡ 60問 (2046/10000問)
3手詰みハンドブックⅠ 60問
寄せの手筋200 6章(応用問題+基本のミス問)←NEW!
美濃崩し200 30問(7手以上の問題) ←NEW!
7手ハンドブックⅠ 8問 ←NEW!
精選必至200問 30問 ←NEW!

 

これまでずっと5手ハンドに寄せの手筋の応用問題、美濃崩しの5手以内の問題と、おんなじ問題をグルグルしてばっかりで、正直ちょっと

飽きてきちゃったかも。。

 

ということで!
気分転換も兼ねて色々試しに手を出してみました!(たまにはこういうのも良いですよね〜)
---------------------------------------------------------------------------------

 

いよいよ、寄せの手筋も仕上げの段階。
応用問題に加えて、前にミスした基本問題を繰り返したら寄せの手筋は一段落です。

で、次の勉強として考えてたのが、「精選必至200
前にも手を出してみたのですけど、
後半からあまりの難しさに挫折した本><
でも、いつまでもこの本から逃げてられないので、ゆっくりチャレンジしていきたいな〜
寄せの手筋はあくまで教科書みたいな物なので、ちゃんとランダム形式で演習がしたいのです。

あと、
7手ハンドも試しに買ってやってみてます。
まだ始めの方なのでかなりラクラク〜w
さくさく解けるのもあるけど、新しい問題を解くのってすごく楽しいなー!
こうかな〜って色々0から考えるのも久しぶりな感じ。
長い手数だと、不思議と実戦を指している感覚になるのは何でだろ〜w
これも気持ちが入らない時とかは解いてみよう〜

最後に、美濃崩し
これもいよいよ超手数の7手以上の問題にチャレンジ中です。
これがマスター出来れば囲い崩し系も一段落。
でも、初見じゃ絶対に分からない物ばかりでかなり大変^^;

15手詰めって何なのさー

今年は色々リアル事情もあって、実戦を指すのは暫く控えると決めたので、
その代わりに出来る限り、本で終盤力を鍛えよう〜。

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ