ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

プラン作成の下準備(これまでの学習振り返り)

こんばんは、ブルーです^^

 

学習のプランを建てようと思ってるのですが、何から考えれば良いか・・今まで適当にやってきたので困りますねーw

 

さてと。とりあえず、まずは当面の目的とそれに向けての学習内容、その目標を立ててみよう!

当面の目的は「11級(R450~)に到達すること」です。大体レート100upですね〜

で、次に学習内容なのですが、これは一旦今まで何をやってきたのか?振り返ってから考えた方が良さそう・・

 

ということで!今までの学習内容の振り返りをします。

<序盤>

石田流の基本(本組) 1~2周

石田流の基本(角交換) 1周未満

ひと目の石田流 3周

何でも三間飛車 1周未満

 

<中盤>

ひとめの手筋 1周

速攻!次の一手基本集 2周

 

<終盤>

寄せの急所、囲いの急所 1周

実践で使える囲いの急所 1周

寄せが見える本(基本) 1周

寄せの手筋200 5周以上(基本のみ)

3手詰めⅠ・Ⅱ、5手詰めハンドブックⅠ・Ⅱ 5周以上

 

<実戦>

将棋倶楽部24 週末に10局前後。現在、トータルで250局ほど 

 

終盤、特に詰将棋と寄せについて重点的に学習してきて、序盤〜中盤と囲い崩しはまだ手付かずといった感じですね。後は、感想戦はソフトで毎回やっていて、相手の方が良ければ一緒にやってます。棋譜並べはやったことがないです。

 

では次に、ここ最近の私の負けた原因を棋譜を元に見てみます。

・ 終盤の自玉と相手玉の詰みの見逃し(〜9手詰め)

・中盤で手を作れずに作戦負け

・中盤での読み抜け

・角の効きを見逃してタダ取り。逆に、両取りを見逃し

・受けミス

・特定の戦法で負けが多い(対中飛車、対 初手24歩、乱戦)

 

特に多かった物は、終盤での詰み見逃し・受けミスと中盤での読み見逃し、対中飛車ですね。単純な詰みの見逃しも沢山ありますし、盤面全部使った詰みの見逃しもありました。

中飛車は根本的に対処法が分からない感じですね^^;

 

まとめると・・課題としては、

1.視野の狭さ(盤面全部を意識していない)

2.中〜終盤の読みの力不足

3.対中飛車の定跡

 

今日のところはここまで。次で対処法を考えようと思います!

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

広告を非表示にする