読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

ざっくりとプランの作成してみる

こんにちは。ブルーです^^

 

前回の下準備で課題として挙がっていたのはこの3つ!

1.視野の狭さ(盤面全部を意識していない)

2.中〜終盤の読みの力不足

3.対中飛車の定跡

 

この対策を考えていこうと思います。まずは1。

特に、「角道に気づかない」、「香車を用いた詰みを見逃す」がこれにあたりました。

原因は、部分的な盤面での詰み将棋・寄せの勉強しかしてこなかったからだと思ってます。なので・・

<1の対策>

実戦型の詰み将棋 or 次の一手 を繰り返す

 

で、2の「中〜終盤の読みの力不足」は、純粋に詰み将棋の数が足りていないと思ってます。読みの力を鍛えるには、やっぱり詰み将棋!ということで・・

<2の対策>

詰み将棋をたくさん解く

 

最後の3「対中飛車の定跡」については、勉強していない事が原因ですw なので・・

<3の対策>

中飛車の定跡本を買って勉強 & 実戦で使いこなす

(特に、居玉でひょこひょこ銀が出てくる中飛車中飛車左穴熊) 

 

次に、これらの具体的な勉強内容と目標を決めていこうと思います。パラっと調べてみた感じ、候補は・・

 <1>

・3・5・7実戦型詰み将棋

・逆転の3手詰め

・あっという間の3手詰め

・速攻!次の一手基本集

 

<2>

・3手詰め、5手詰めハンドブック

・5手詰め将棋

 

<3>

・早分かり 相振り飛車定跡ガイド

・わかる! 勝てる!! 石田流 

・対先手中飛車 完全攻略

・相振り中飛車で攻めつぶす本(これは中飛車に寄ってる印象なのであんまりかも)

 

という感じかなーと思ってます。

今ある物で出来るだけ対応していきたいので、具体的にやることは、

1. 速攻!次の一手基本集

2. 3手詰め、5手詰めハンドブック

3. 上記の定跡本から一冊選んで繰り返す&ソフトで戦型指定戦をする

 

まずは今日から1,2を実行していきます。具体的な数値目標はやってみた感じで考えてみます。3についても、本屋さんで早めに買おう!

 

※追記

上記の定跡本を本屋で見てみたのですが、思っていた戦型と違っていたり、ページ数が少なかったりしてました。

なので、中飛車対策に定跡本を使用するのは保留しようと思います。サイトで探すか、気になる戦型についてソフトと対局して対策しようと思います。

う〜ん、困った><

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

 

 

広告を非表示にする