ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

定跡勉強ってどう始めるの?

こんばんは、ブルーです^^

 

将棋勉強三・四日目です〜

今日の分はこちら。

3手詰めハンドブック 56問( 156/2000問)

速攻!次の一手基本集 10問(50 /416問)←一旦ここでストップ><

寄せの手筋200(基本)を 7章( 15/33章)

  

ちょうど次の一手基本集は半分まで来たのですが、難易度がはるかに高すぎるので、路線変更しようと思います。一旦次の一手はストップさせて何をしようか考えようと思います。

   

さてと。そこで考えているのが、定跡と囲い崩し。

定跡勉強と囲い崩しについてですが、囲い崩しはグルグル回すよりも実戦で出た分について復習する形が良さそう。特に上手く攻めこむことが出来なかった時とかは、吸収が早そうですね。

 

問題は定跡勉強

進められない原因は、

・バラバラに勉強するとすぐ忘れてしまう

・最後まで載っていないので、すっきりとしない

・数が膨大で、全部でどれだけ学ぶべきか?順序はどうするべきか?分からない

 

これらを解決するには、

1. 一定期間(2週間毎など)は同じ戦型で定跡書見る&ソフトと指す

2. 定跡書の棋譜をある程度の回数並べたら、序盤の数手を指定して、すぐにソフトと指す

あるいは、定跡書の終了図からソフトと指す

3. 主戦型と対する戦型のリストアップ&出会う頻度から優先順位を決める

 

という感じに考えて進めていくべきかもしれないですね〜

 

 

私が非常に参考にしているブログ

がんばって将棋初段を目指すページ!

に書かれているやり方を見てみますと・・

1. 主戦型と対する戦型のリストアップ

2. 避ける事の出来る戦型をチェックし避ける

3. 自分に選択権があり、かつ自分が踏み込まない変化は捨てる&自分が踏み込む変化はガッツリと研究する

4. 自分が苦手な戦型(よく遭遇する戦型)を優先的に学習する

 

という感じに進めていらっしゃるみたい。

今度はこのやり方に沿って計画的に定跡を学習してみよう!

 

<追記>


具体的な定跡勉強の始め方を考えて、実際にその方法を試してみました。
もし良かったらそちらも見てみて下さい。

 

shogijotatsu.hatenablog.jp

 

 

 

shogijotatsu.hatenablog.jp

 

 

shogijotatsu.hatenablog.jp

 

 

shogijotatsu.hatenablog.jp

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

 

広告を非表示にする