読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

今目指しているものは・・?

こんばんは、ブルーです^^

 

将棋勉強十八 〜 二十日目です〜

今週の分はまとめてこちら。

5手詰めハンドブックⅡ 15問

3手詰めハンドブックⅠ 60問(770/2000問)

終盤が強くなる1手・3手必至 30問(170/270問)

 

  6(火) 7(水) 8(木) 9(金) 10(土) 11(日) 12(月)
5手詰めハンドⅡ  5  5  5        
3手詰めハンドⅡ  20  20  20        
終盤が強くなる1手・3手必至  10   10  10        

 

さてと。

今は忙しい中でも何とかキープさせることを念頭に置いて取り組んでいるのですが、目指している物とかを見失ってしまってるので、一旦確認!

 

今行ってるのは、終盤力の強化 。具体的には、3-5手詰みと一手必至のトレーニングです。今は24でレーティング戦が中々出来ない状況なので、

間近な目標

年末にある名人戦の参加&称号を取ること」です。

 

時期:1/5-2/11に予選リーグ戦 →  2/23-4/1 本選リーグ戦 

つまり、残り3ヶ月

 

目指す状態

・終盤力を低級タブで上位レベルに上げること(3手詰みは即答。典型的な1手必至や5手詰みは1分以内で解ける)

・石田流、相三間飛車、相振り飛車の定跡のうち、自分が使う物をマスターすること

※実際は、スケジュール的に全部は無理なので、良く遭遇する相振り飛車のみに限定するかも

 

これに向けて行うべきこと:

・3ヶ月以内に詰将棋2000問(残り1230問)行う

・・>

今はひたすら3-5手のハンドブックを往復!詰み上がり形を覚えるのが理想。

・寄せの手筋の基本問題レベルは完璧に仕上げる

・・>これは現段階でほぼOK。今の状態をキープすること!

・相振り飛車を指しこなす本2をマスターする

・・>これが一番の課題。土日にまとまった時間が取れれば出来るかも。

 

今のスピードでも十分に可能な事ばかりなので焦らずに進めたいと思います。

ただ、5手詰めハンドに関しては、やはり難しさがつきまとう。

中々進まないので毎日5問づつにしているけれど、それだと逆に数が少ない気がするのです。5問づつで1周終えたら、同じ問題を次は10問づつ、その次は20問づつと繰り返す方が最終的に習得しやすいかもしれないですね。

今は5手詰めハンドの問題のうち、間違えた問題、難しかった問題、繰り返したいと思った問題だけ繰り返しています。つまり、全部で97問!(多っ

一周目終了まであと約20問。あと4日は5問ペースで行って、その後からは同じ問題を14問ペースに引き上げたいと思います。(1週間で1周ペース)

このペースで繰り返して、間違えた問題がほぼ即答出来るレベルになれば、全問題を15問ペース位で繰り返して、5手詰めハンド1冊分を即答できるレベルに引き上げます。

その後で、もう1冊の5手詰めハンドに着手する位がちょうど良いかもしれないです。あと、3手詰めは今まで通り20問ペースで繰り返しておけばOK。

 

正直、初めて着手する詰将棋は思考回路(読み)の形成と詰み形の記憶の両方を兼ねていると考えています。なので、ハンド2冊分は覚えてしまう位でちょうど良いはず!

 

少し遠いけど、名人戦目指して引き続き頑張ってみよ〜!

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ 

 

広告を非表示にする