読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

桂が見えない(対向かい飛車)

実戦(相振り) 将棋学習

こんばんは、ブルーです^^

 

将棋勉強三十四、五日目です〜

今日の分はこちら。

5手詰めハンドブックⅡ 15問

3手詰めハンドブックⅡ 20問(1179/2000問)

精選必至200問(1手必至のみ) 2問(72/300問)

 

 

さて。

今日も一局戦型指定戦。先手は激指7級向かい飛車金無双 VS 後手 私の石田 美濃 です。

 

 
棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

 

 今回の相手の特徴は、①端を突く、②76銀、77角型の二つです。これも前回と同様ですね。

 

ということで、詳しく反省をしてみると・・

 

①56手目

 (55手目図)

△同銀か同歩か37歩成で迷いました。△同銀には▲同銀△同歩で56金に飛車のひもがついてしまうので、▲36歩とされて攻め続ける自信がなかったです。なので、おとなしく△同歩としたのですが、激指によるとここは△37歩成だそうです。

 

△37歩成▲同銀に△45桂!で、▲同金△同銀と手順に飛車道を開けて6筋の歩の取り込みに対応しつつ、玉頭に銀を運ぶ狙いだそうです。なるほどーw

 

②60手目

 (59手目図)

ここでも△同銀にするか歩成にするかで迷いました。

△同銀▲同金△37歩成▲同銀で△36歩が出来ないから攻めが続かない と思って歩成にしたのですが・・

激指によるとここは△同銀!

△同銀▲同金に△57銀として、▲49金△37歩成▲同銀△45桂とすれば歩を使わずとも攻めが続くみたいです。なるほど、桂で銀は逃げられず厳しい攻めになりそう〜

ここでも△45桂。相手の飛車道が効いている時に有効打として桂は覚えておこう〜っと。

 

③80手目

ここはいっそ、△35馬▲同金△同飛としておいても良かったみたいです。攻めの拠点があり、手持ちに銀金1つずつ。行けるみたいです

 

あとは終盤でもう少し早い寄せ・詰みがあったみたいですが、私にはちょっとむずかしいのでそれはパスw

 

ひとまず、今回の反省点は、

「相手の飛車道が通っている時は、桂!」ですw

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ 

 

広告を非表示にする