読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

楽しみにしていた本がついに・・!

プラン 実戦(相振り) 将棋学習

こんばんは、ブルーです^^

 

将棋勉強三十六日目です〜

今日の分はこちら。

5手詰めハンドブックⅡ 14問

3手詰めハンドブックⅠ 20問(1178/2000問)

 

 

さて。

今日も一局戦型指定戦。先手は激指7級向かい飛車金無双 VS 後手 私の石田 美濃 です。

 

 
棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

 

 今回の相手の特徴は、前回の55手目まで全く同じ展開です。

 

ということで、詳しく反省をしてみると・・

 

①56手目

 (55手目図)

 

前回の反省を活かして、△37歩成▲同銀に△45桂▲同金△同銀と手順に飛車道を開けて6筋の歩の取り込みに対応しつつ、玉頭に銀を運ぶ。

 

 

②62手目

 (61手目図)

ここで△36銀▲同銀△同飛▲37歩△56飛車と、使えていない飛車を中央に回したほうが良いかなと思って指したのですが・・

激指は△36歩▲26銀△57金▲49香△48金▲同香△57馬 というように、一旦△36歩で上部を抑える&金と銀の連携をバラバラにしてから、△57金〜△57馬という感じで横から切り込んでいくのが良いみたいです。

私の中央への飛車転換だと、上部の圧力がかかってないから入玉を狙われてダメだったのかな?

 

 

③70手目

(69手目図)

ここで飛車の成込を狙って△58銀成としたのが悪手。次の67銀打ちが厳しかったです^^;

ここは△58銀成らず▲48金△57金打と重たいけど数で押しつぶすのが良かったみたいです

 

72手目

 (71手目図)

ここでかなり酷い悪手△48金打としてしまったのですが、激指によるとここは・・

△49銀成▲56銀△57馬(あ!!)▲26歩△39銀成〜という感じだそうです。なるほど、57馬で玉の下から追い込んで、玉が36に出てきたら頭金を狙う感じですね。

馬をどう使うべきか?困っていたので確かにこれは良さそう・・。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

実は早速石田流を指しこなす本を買ってきました!

明日から本格的に始める前に軽く構成をまとめてみます。

 

四間飛車(計57p)

  +金無双(22p)

  +美濃囲い(14p)

  +矢倉(21p)

②向かい飛車(計50p)

  +矢倉(15p)

  +美濃囲い(21p)

  +金無双(14p)

③角交換四間(21p)

中飛車(計36p)

  +オープニング(5p)

  +中央棒銀(6p)

  +浮き飛車(14p)

  +補足(11p)

⑤左穴熊(計24p)

  +浮き飛車型(14p)

  +引き飛車型(10p)

三間飛車(計45p)

  +オープニング(16p)

  +銀冠攻略法(7p)

  +同型将棋の基本(7p)

  +美濃囲いでアレンジ(8p)

  +角道を止めてアレンジ(7p)

 

ページ数の少ない順だと、角交換四間<左穴熊<中飛車三間飛車<向かい飛車<四間飛車 になりますね。

さ〜てここからどう進めよう?

現段階は、「対向かい飛車 金無双についてのみ定跡勉強が進んでいる」という段階。で、困っている戦法が、対中飛車四間飛車、左穴熊の3つ。

困っている戦法から進めようか、今分かっている定跡から進めようか、少ない物から順に進めようか迷いますね^^;

 

重要なのは、私が遭遇する可能性のある戦法についてしっかりと把握し使うこと!使わない攻め筋や出会わない戦法の対策は時間の無駄かな。

ということで!

まずは対中飛車から始めてみようと思います!

進め方は、①まずは解いてみる。そして、②狙いや仕掛けの形などをまとめてみる。

最後に、③問題を解き続ける事と、戦型指定戦で定着させる!

という流れで進めてみます〜

 すごくすご〜く楽しみにしていたので、この本を読んでしっかり対策取れるようにします^^

 

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ 

 

広告を非表示にする