ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

相振りでの戦型指定戦は難しい?(対中飛車)

こんばんは、ブルーです^^

 

将棋勉強六十七日目です〜

今日の分はこちら。

5手詰めハンドブックⅡ 30問

3手詰めハンドブックⅡ 40問(1819/2000問)

寄せが見える本 レベル1 8問

寄せの急所、囲いの急所 2章 

石田流を指しこなす本 四間飛車編を再び

 

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------

一通り石田流を指しこなす本を読み終えたので、

早速、戦型指定戦を行ってみました。▲私の三間飛車 VS △激指7級 中飛車(囲ってから42銀バージョン)


棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.) 

 

それではちょっと反省をしてみます。

①49手目

 (48手目図)

ここで▲同飛にするか△76飛車と取らせて▲同飛で銀を前進させるかで迷いました。

激指はここは▲同飛△同角▲72銀成△同金▲63歩成△同金と下準備をしてから▲22飛車で王手角取りを狙うのが良いそうです。なるほどー!軽くて駒得で良さそうですね。実際、私は駒不足でかなり苦しみましたので^^;

 

 

②55手目

 (54手目図)

 

ここで63歩成か63銀で迷いました。

激指はやっぱり、▲63歩成△32銀▲72と金△同玉▲23銀 と、軽く攻めて駒不足を防ぎつつ、角道を開けるのがベストだったみたいです。軽い攻めは難しい^^;

 

 

 

③71手目

 

ここで詰みがあったみたいです。ここからの終盤はかなり酷い状況だったみたいです^^; 激指には?が沢山・・。

▲93香△同玉▲85桂△92玉▲82金△同玉▲71銀△92玉▲72龍で詰みだそうです。

長いですけど、ほぼ一直線なので確実に読めるようになりたいです。

 

 

④39手目

(38手目図)

ここで本に載っていた▲64歩△同歩▲74歩△同歩▲64角を狙ってみました。この筋のおかげで攻めの拠点が出来たので上手く行けて良かったです!

少しだけ前進した気がします。

 

 

ただ、戦型を指定するのが中々難しいです^^; 激指は相振りで中飛車をあまり採用しない感じみたいで、かなりの手数を指定しないと中飛車にしてくれないです。

今回も結局向かい飛車に振り直されましたし。う〜ん。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ 

 

広告を非表示にする