読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

初めての指導対局モードでの待った将棋(対角交換四間)

こんばんは、ブルーです^^

 

将棋勉強六十九日目です〜

 

今日は対角交換四間での戦型指定戦を指導対局モードで激指4級とやってみました。ただし、いつもと違うのは今回は試しに待った将棋を行ったところです。

指導された場所で、待ったを使って指導された手を使って続行してみました。ただし、指導をされたら、なぜその手の方が良いのか?自分なりに考えて書いてから次の手を指すようにしました。

 

 

先手 私の三間飛車 VS 後手 激指 指導対局4級の角交換四間。

 


棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

 ※表示が変でしたら、先手、後手と表示されている上の「utf.csa」を「csa」のものに変えて見てください。

 

待った回数は回!以外と少なくてびっくり!

 

指導された場所

・19手目

▲79飛車△58角成▲同金△12飛車▲91角成△82銀▲92馬△91金で馬が死んじゃうからかな?その後、飛車が捌けない状況になるのでまずいみたい。

ここは▲74飛車が良いそうです。読み通り、馬が死んでしまう事と飛車が捌けないことが理由みたい。そこで、いっそ74飛車から飛車をさばいて角を主軸にした攻めを展開するのが良いみたい。

仕掛けが始まったら、捌き終わるところまで出来るだけ読み切るのが良さそう!

 

 

・27手目

▲63馬△72銀▲73桂から攻めが続くかな~と思っていたのですが、

▲73桂に△82玉▲41馬で攻めが遠ざかってしまうのと、▲63馬に対して△72金だと▲73桂があんまり厳しくなくなるからダメなのかも?

△78飛車なりで玉を睨んで、後手番の方が攻めが早いみたい。

 

ここは▲77銀が良いそうです。理由としては、△78飛車成が以外と早い攻めになるのでそこを防げばより確実に攻められるからかも。後は、飛車をいじめつつ攻める手が生じる可能性があるからかも。

相手の攻める手段と速さを予想すること&飛車は浮かせておくといじめつつの攻めが生じやすい

 

 

 ・35手目

ここで私は▲72馬として狙いは▲73銀から詰むかもと読まずに甘い感覚で即指ししたのですが、▲72馬△同玉▲73銀△83玉に▲84金△92玉で困るみたいです。ぱぱっと指してしまったのは本当に反省しないと^^;

 

ここは▲84馬が良かったそうです。

▲84馬は次の62金打ちの詰みと飛車取り狙い。△52金に▲75馬~84馬~77歩成とするべきかな? 

浮いているコマを狙える手を常に心がける

 

・43手目

私は▲72金として△同金なら▲73歩成、△同玉なら▲73銀打ちで攻めが続くかなと思ったのですが疑問手だったみたいです。

 

ここは▲41飛車が良いそうです。なるほど、押しつぶし続けても、玉が52から逃げられたら時間がかかるので、寄せをここから意識するべきなのかも。

 

終盤は玉の逃げ道を予想&塞ぐ手を用意しておく

 

 

指導された以外で気になったところなど・・

・25手目の▲73角成は飛車取りと悩んだのですがこれは玉を81に縛り付けてよかったみたいです。

 

 

はじめて待った将棋をしてみましたが、かなり良いかも。指導されたら一度立ち止まって読まないと進まないようにしているので、かなり読みが鍛えられそう。

あと、理由を自分なりに理解すると考え方も理想とする(設定している)レベルに近づきやすい感じがするかも?

次は4回より少なくなるように心がけます!

 

 

ブログランキングに参加しています。もし良かったらクリックして下さい^^
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ 

 

広告を非表示にする