ブルーの将棋上達日記 〜低級から有段者を目指して〜

将棋初心者の私が低級から有段者を目標に向かっていく上達日記です。

将棋勉強を再開しました

こんにちは〜 ブルーです^^
一年間途切れてしまった将棋勉強を少しずつ再開していこうかなと思います。今年は背伸びせず、やりたい時にやりたいな〜っと思うことをやってみます。

将棋勉強百二十六日目です。この間の分はこちら。
詰めパラ Lv5(スマホ) 14問 (1692/全8390問中)←NEW!



解く数は5手ハンドや7手ハンドの時と比べてぐっと少なくなってますね^^;
Lv5だと7手〜11手がほとんどだと思うので仕方ないかもですが、
もう少しぱぱっと解ける様になりたいな〜 でも難しい〜。

今日は詰めパラの注意点と目標を考えたいと思います。
豊富な量や奇想天外な内容といったメリットとは別に、詰めパラにはデメリットがあって。
それは、間違いがすぐに分かる事
詰めパラは正解とは違う手を指すと、間違いとすぐに分かるので、適当に指していけば、消去法で正解まで行き着けてしまいます。

でも、これだと何の訓練にもならないので、詰めパラを使う上での大前提は、①「全ての変化に関して、詰み切りまで頭の中で読む」事です。
あとは、②5分考えて何も分からない時はパスする
今、パスしているのが4問程あって、いつか解き切ってみたいな〜
何回も挑戦してるのに、何も見えないのは本当に悔しい><

詰将棋パラダイススマートフォン支店」さんによると

レベル1:初心者 
レベル2〜5:初級者 
レベル6〜9:3級 
レベル10〜14:初段 
レベル15〜18:二段、三段 
レベル19〜20:四段 
レベル21〜24:五段以上 
レベル25〜30:詰キスト、奨励会員、プロ

なので、目標は「詰めパラのLv10まで解き切る 」です。
(でも、Lv5でも難しい〜。)

広告を非表示にする